2010年07月25日

H2AF18島内輸送

こんにちは,W松ですわーい(嬉しい顔)

I氏と初めてロケットの島内輸送を見に行ってきました。
いやぁ,でかかったexclamation×2
一度は見る価値がありますね。

ロケットを運ぶ大型トレーラーが通る道にはもちろん信号があります。
これが...
IMG_0508.jpg

こうなりますexclamation×2
IMG_0513.jpg

そしてやってきましたぴかぴか(新しい)
IMG_0517.jpg

でかいexclamation×2
IMG_0520.jpg

動画も映画


2段目なので少し短いです。

終わってみたらあっという間でした。

「時速5キロなんだって...」
(わかるひとにはわかります)
posted by W松 at 14:22| 鹿児島 ☁| Comment(1) | ROCKET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

天気は良いけど,濁り気味

こんばんは,W松です。

今日は「海底山脈」と「ウミウシロック」にいってきました。
ただし,「ウミウシロック」にはたどり着けなかったことが後に判明がく〜(落胆した顔)
皆様,申し訳ありませんでしたバッド(下向き矢印)
まだまだ未熟者ですもうやだ〜(悲しい顔)

とりあえず,写真でもたらーっ(汗)

IMG_0416.JPG

IMG_0420.JPG

IMG_0464.JPG

IMG_0465.JPG

IMG_0410.JPG

IMG_0448.JPG
posted by W松 at 23:46| 鹿児島 ☀| Comment(0) | LOG BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

梅雨の晴れ間に

こんにちはexclamationW松ですわーい(嬉しい顔)

今日は雨がちの予報に反して,梅雨の晴れ間が広がりました晴れ
「日曜も雨です」なんて言ってすみませんバッド(下向き矢印)
一部の方にこの場を借りてお詫びいたしますもうやだ〜(悲しい顔)

さて,午後は仕事があったので,午前中に潜りました。
種○中DTのM上先生とI氏と一緒です。

上古田の港からウミウシロックを目指します。
トップはI氏。
安心です。

大したものは見ていませんが爆弾

ハイイロイボウミウシ

IMG_0340.jpg

IMG_0335.jpg

IMG_0321.jpg

M上さん

帰りにポールたちとすれ違いしました。
IMG_0341.jpg

あれだけの目でウミウシロックにいったら,さぞかしレアなウミウシをたんまり見つけることでしょう。

思ったほど濁りもなく,Good Diveexclamation×2でした。
posted by W松 at 21:25| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | LOG BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

種子島宇宙センター施設公開

Iです。

本日は年に1度の,「種子島宇宙センター施設公開」の日です。I家も家族で出かけました。

まずは所長さんからロケットのお話を聞きました。「H2BやHTVの開発により,日本も10年以内に種子島から有人宇宙船を打ち上げられる」との話が印象的でした。是非,実現してほしいものです。
TNSC坂爪所長

次に,科学技術館を見学しました。ロケット模型の右端にあるのは・・・やはりH2Bなのでしょうね。
TNSCロケット展示

TNSC人工衛星展示

その後,シアターでの「打ち上げ爆音体験」に参加しましたが,いつも射点から3kmの地点で聞いているのと同じくらいの轟音で,体全体に振動を感じました。次の8月2日の打ち上げが楽しみですね。

今日は時間が無くて,バスツアーは残念ながら次回に見送りに。最後に,宇宙センターを出る前に,竹崎射場のランチャーを見学しました。以前は確か,倉庫に格納されていましたが,いつの間にか屋外展示になっていました。既に役目を終えていますが,日本のロケット開発の歴史資料として,ちゃんと保存してほしいものです。
TNSC竹崎射場ランチャー
posted by I at 15:25| 鹿児島 ☔| Comment(0) | ROCKET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

アカウミガメ

種子島は現在,アカウミガメの産卵シーズンの真っ只中です。W松氏と2人で,深夜に砂浜を歩き,産卵に上陸するアカウミガメの観察を試みました。

足跡はたくさんあるものの,なかなかカメには会えず。最後にようやく上陸中のアカウミガメを1頭,発見しました。

産卵のための穴掘り中でしたが,川のすぐそばのため,穴の中には水がたまっていて,産卵できる場所ではありませんでした。残念。

今度こそ,産卵シーンを見れるように,また挑戦したいと思います。

W松とアカウミガメ
posted by I at 01:05| 鹿児島 ☁| Comment(0) | OTHER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。